読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TB-LAB BLOG

坪川研究室ブログです!適当に更新します!

通俗心理学

女性のメガネの選び方で見え隠れするその願望とは

女性でコンタクトレンズではなく、メガネをかけている人は、より知的に見られたいという願望が強い人なのかもしれない。 女性がメガネをかけていると「真面目」「お硬い」というイメージを持たれることもあるのに、あえてメガネを選ぶということは、モテるこ…

ピアスだらけの人は自分に対する不満度が高い?!

女性だけでなく男性もピアスをしていると言うことが珍しくなくなったのだが、それでも耳や鼻、唇など、いたるところにピアスをしていると言う人は一般的とは言えないだろう。 実は、心理学的にはピアスにはあるメッセージが込められている。 現状への不満を…

出会いでつまずかないための自分のイメージを作るワザ

CountDown 12 相手と親しくなるには、自分自身を相手が受け入れてくれる「良き存在」にしておくことが大切である。 人を好きになるか、嫌いになるかの7~8割は、ここで決まるので非常に重要である。 ここで形成されるイメージを「初頭効果」と呼び、ずっと…

黒目の動きで「7つの本心」が透けて見える

「付き合ってほしい」と告白したら、イエスであれノーであれ、答えを聞くまでは落ち着いていられない。 すぐにOKの返事を貰えればほっと胸をなで下ろすところだが、「そうねえ・・・」などと呟きながら、ちょっと考える素振りを見せられた場合には相手の気持…

両手でグラスを持っている女性は〇〇っぽい?

グラスを両手で包み込むように持ちながらお酒を飲む。 合コンなどでそんな仕草をしている女性には、さり気なく話しかけてみよう。 実は、両手でしっかりとグラスを持っているのは、それほど「幸せ度」が高くない状態にあることを示している。 誰かと語り合い…

結婚指輪に潜む奥深くも恐ろしい情念とは

「順境にあっても逆境にあっても、病気のときも健康のときも、夫(妻)として生涯、愛と忠実を尽くすことを誓いますか。」 「はい」 彼は微笑みながら、彼女の薬指に指輪をはめた。 映画のワンシーンのようなプロポーズはだれでも一度は憧れるだろう。 ここ…

「何でもいい」と言われても信じては行けない

「今日はおごるよ。何が食べたい?」 「何でもいいよ」 こんな時、自分の懐具合に気を使ってくれているのかもなどと一人合点して喜んている場合ではない。 男性が「なんでもいいよ」といったら言葉通りに受け取ってもいいが、女性の場合には複雑な意味が隠さ…

微妙な女心を見逃さないためのちょっとしたコツ

女性にアプローチするのはなかなか難しい。 せっかくいい雰囲気になりかけているの、急に彼女の態度が変わったなんてこともあるのではないだろうか。 女心と秋の空 これは彼女が発するサインの読み間違えた可能性がある。 思わせぶりな素振りをしていても、…

かけているメガネでわかる自分の魅せ方

メガネはその人の顔のイメージを作るもの。 しかも、そのメガネで自分の雰囲気を巧みに演出できたりもする。 逆に言えば、メガネの選び方で「こう見られたい」という心理が働いている。 そこには「自分の本質を隠したい」という心理が働いているのである。 …

アクセサリーを付ける位置でコンプレックスがわかる

体のどの部分にアクセサリーをつけているかは、その人の持つこだわりやコンプレックスを暗示していることがある。 例えば、女性が胸元に目立つペンダントをつけている場合、相手の目線を胸元に誘導したいか、胸元に自信がないからアクセサリーの力を借りよう…

「オシャレは足元から」

よくオシャレは足元からなどというが、靴の色や足元のオシャレの度合いからも相手の性格がわかる。 まず、靴を何足も持っていてTPOに合わせて履き替えているという人は、気配りができるタイプといえる。 つい手抜きがちな靴のオシャレにも気を使うということ…

メンタリズム自己チェック

人間関係や恋愛に関係するテクニックを紹介する前に、「自分を知る」ことはとても大切です。自分はどんな人間で、そして他人からはどう見られているのか。 ここで簡単な心理チェックをしてもらいます。 アメリカの心理学者クーニーとマックパーランドによっ…